食事会「山菜とジビエ」を開催しました。

お知らせ.

3月13日(夜)、Café & Dining 990(シェフ 佐藤 善太郎 氏) × 山菜料理の宿 出羽屋(四代目 佐藤 治樹 氏) + Gozzo山形(プロデューサー 佐藤 智也) の企画で、狩猟食材のジビエと山の食材の山菜を組み合わせた食事会「山菜とジビエ」を開催させていただきました。(会場:Café & Dining 990)

料理はフレンチと和食を重ねたコース。特別ご用意させていただいたワインや日本酒のプレゼンテーション、前菜、椀、焼物と、一品一品へのこだわりや工夫を両料理人より説明を入れながらの2時間半。私自身、初めて食べた食材もあり、美味しく充実した『知食』の時間になりました。

会場は当日お申し込みくださったお客様もおられ、満席で賑やかに。また、食材が高級なこともあり、この機会をシェアできたこと、有り難く嬉しく感じております。

ご参加いただきましたお客様、ありがとうございました。

今後も、食と文化の継承、新たな可能性をひらければと、山菜のフードアクションに携わっていきたいと思っておりますので、興味のありな内容がありましたら、お気軽にご参加いただければ幸いです。ぜひご一緒ください。

山菜とジビエ

Café & Dining 990
山菜料理の宿 出羽屋
ゴッツォ山形

3月13日(日)開催|山菜とジビエ

山菜とジビエ

カフェ&ダイニング 990(シェフ 佐藤 善太郎 氏)と 山菜料理 出羽屋(四代目 佐藤 治樹 氏) の コラボレーションディナー「山菜とジビエ」。和食と洋食の組み合わせ。ヨーロッパでは当たり前の食材であるジビエと春の山菜を使った、両料理人の創作表現がお楽しみいただけます。「知食」ともいえる時間に。また、山菜とジビエの料理に合わせて、990のワインソムリエがワインをセレクト、日本酒は出羽屋にてセレクトしております。ぜひ、お楽しみください。

山菜とジビエ、当日のメニューです。
(掲載の写真はイメージになります)

食前
・山葡萄原液(ノンアルコール)

前菜 六点盛
・兎(うさぎ)のガランティーヌ / 990
・たらの芽のベニエ / 990
・真鯛のスモーク / 990
・熊肉のしぐれ煮 / 出羽屋
・木の芽のおひたし / 出羽屋
・浅葱とホタルイカの酢みそ和え / 出羽屋

椀 保科椀
・山菜すり流し / 出羽屋

焼物
・蝦夷鹿(エゾシカ)のロティ、赤ワインソース / 990
・桜鱒(サクラマス)の蕗の薹味噌焼き / 出羽屋

食事
・パッケリのトマトソース / 990
・独活(うど)とパンチェッタ / 990

デザート
・ガトーショコラ / 990
・梅酒のフルーツゼリー / 990

お飲み物
・コーヒー or 紅茶

※アルコール・ドリンク(別)
お好きなお飲み物を店内のドリンクメニューよりご注文いただけます。

◎山菜とジビエのコース料理
料金:5,400円(税込)
※アルコール・ドリンク別
定員:30名様

主催:カフェ&ダイニング 990山菜料理の宿 出羽屋
共催:ゴッツォ山形

日時:3月13日(日曜日)18:30〜21:00 ※受付18:00〜
会場:カフェ&ダイニング 990
住所:山形県山形市十日町2-1-8

お手数お掛けいたしますが、お申し込みは、カフェ&ダイニング 990(tel.023-679-5103)へお電話で「山菜とジビエに参加します」とお申し込みください。なお、定員になりましたら受付終了とさせていただきます。