BISTRO Chez Bon 「生産者様の集い」に出席

投稿日: カテゴリー: 編集部ブログ, 雑記

11月27日(日)18:00~、ビストロ シェ・ボン主催による「生産者様の集い」が開かれ、その特別な食事会に私(Gozzo山形/佐藤)もご招待いただきました。
(ビストロ シェ・ボンさんはGozzo山形のvol.7にて特集掲載されています)

本当にワクワクしながら出席させていただいたこの食事会は、小松シェフがいつも食材提供でお世話になっている生産者様を招待し、その日だけの特別メニューにてお持て成しするという1年に一度の食事会です。農作業が一段落するこの季節に開催されています。

今回、招かれた生産者の皆さんをご紹介すると、エムリン米コシヒカリ、セロリ(會田さん/山形市)、とうもろこし、ブロッコリー(青柳さん/中山町)、月山はなたけ、エリンギ、しめじ等(小山田さん/東根市)、甚五ヱ門芋(佐藤さん/真室川町)、スモークサーモン(設楽さん/西川町)、デュロック豚(嶋倉さん/高畠町)、舟形マッシュルーム(長澤さん/舟形町)、やまがた地鶏(中嶋さん/大蔵村)、釣り師(三澤さん/天童市)、トマト、キャベツ(山川さん/大江町)がご夫婦や家族でご出席。

この日の為に小松シェフ創作した特別コース料理、テーブルにその一品一品がならぶ時、小松シェフから料理の紹介が行われ、特徴や調理の工夫や想いが語られます。当然ながら、この場にいる生産者の食材が使われてるわけですが、一口食べて「美味しい!」という声が店内に充満する。ご本人、恥ずかしくも誇らしいんだろうな~と思うようなシーンが度々あっておもしろかったです。

お酒やワインも楽しみながら楽しい雰囲気の中、「自分がつくっている作物と掛け合わせで新メニューや新商品をつくりましょう!」など新しい試みの話にも火がついてました。個人的にもこういう生産者同士の交流はとても大事だと感じてます。その隣には小松シェフがいます。この場で出会った方々の想いがカタチになったら!?今から楽しみですね♪

食事会も終盤を迎え、最後に小松シェフから感謝のご挨拶「ご出席いただいた皆様が予想以上に盛り上がられたので、すっごく満足しました。もう一 つ、皆さんは今日初めて出会った方もいらっしゃるかも知れませんが、皆さんの作られた作物はお皿の上で既に出会ってます。出会った1回目は友達、今日は2回目なのでマブダチです!!」笑いの中、今年の生産者の集いが終了となりました。

料理は勿論、本当に人と人の温かいつながりを感じた時間になりました。そういう人が集まる企画を続けている小松シェフ、当誌も「農業と料理をつなぐ」を テーマにフリマガを発行されてもらってますが、メディアとして人と人をつないでいるという意識を持っています。シェフだからできること、飲食店だからでき ること、あると思います。

その想いを召し上がって価値を共有することが加われば、生産者・料理人・消費者が1つになると感じますし、そういう食の雰囲気がどんどん増えて欲しいと思います。

☆★☆ BISTRO Chez Bon 小松シェフへ ☆★☆
この度は、お招きいただきまして有難うございました。
生産者に感謝を込めたお持て成しの心、素敵です!
– Gozzo山形 代表 佐藤智也 –

BISTRO Chez Bon
http://www.chezbon.net